目次

共通操作
 1.共通操作 画像の選択
 1-1.共通操作
   「画像サイズを変更する」
   ダイアログ

 2.共通操作 画像の読み込み
 3.共通操作 カラーの選択
 4.共通操作 リンクの設定
 5.共通操作 「ファイルを開く」
   「名前を付けて保存」

 6.共通操作 フォルダの選択
 7.共通操作 リストの操作
 ■共通操作
各編集画面で共通する操作を説明します。
 1.共通操作 画像の選択
画像を設定する場合、「画像の選択」ダイアログが開きます。
画像の選択
①画像リスト 編集中のページに登録されている画像の一覧が表示されます。
表示される画像はJPEG、PNG、GIF、SWF(FLASHファイル)です。
選択したい画像をクリックします。
②相対パスウィンドウ 編集中のページの相対パスが表示されます。
編集はできません。
③画像を読み込むボタン 画像を読み込みます。
→■共通操作「2.画像の読み込み」

画像ファイルか画像ファイルの入っているフォルダをダイアログに
ドラッグ&ドロップして読み込ませることもできます。
④画像ファイル名を変更するボタン 画像のファイル名を変更します。


画像ファイル名の変更ダイアログが開きますので
新しいファイル名を入力してOKをクリックします。
小文字に変換ボタンでアルファベットを小文字に変換できます。
⑤画像サイズを変更するボタン 画像のサイズを変更します。
JPEG画像のみ変更が可能です。
→■共通操作「1-1.画像サイズを変更する」
画像の選択手順
①の画像リストで画像を選択した後、OKボタンをクリックします。
 1-1.共通操作 画像サイズを変更する
画像サイズを変更する
①変更方法コンボボックス
画像サイズの変更方法を選択します。
②ピクセル指定 幅、高さ
変換後の幅、高さの上限値をピクセルで指定します。
③余白の背景色指定
余白となる部分を塗りつぶす色を指定します。
→■共通操作「3.色の選択」
④パーセンテージ指定
拡大率をパーセンテージで指定します。
50%で縦、横ともに半分の大きさになります。
画像サイズの変更手順
①のコンボボックスで画像サイズの変更方法を指定します。
変更方法には次の4種類があります。

[元画像の縦横比を維持する]
元画像の幅と高さの比率を維持したまま指定ピクセル内に収まるようにサイズを変更します。

[元画像の縦横比の維持し余白を指定色で埋める]
元画像の幅と高さの比率を維持したまま指定ピクセル内に収まるようにサイズを変更します。
余白となる部分を指定色で塗りつぶします。

[入力サイズに合わせて元画像を引き伸ばす]
指定されたサイズにあわせて画像を変形させます。

[入力されたパーセンテージで拡大縮小する]
指定された拡大率にあわせて画像を拡大縮小させます。
幅と高さの比率は維持されます。

「パーセンテージで拡大縮小する」以外を選択した場合は、②のピクセル指定で変換後の
サイズの上限値を指定します。
「パーセンテージで拡大縮小する」を選択した場合は④の拡大率を指定します。
拡大率が100%以上で拡大、100%未満で縮小されます。
OKボタンをクリックすると変換されます。


▲ページの先頭へ
 2.共通操作 画像の読み込み
新しい画像を読み込みます。
商品の画像選択時やページに新しい画像を登録する際に使用します。
画像の読み込み
①画像リスト 現在選択されているディレクトリ内の画像を表示します。
表示される画像はJPEG、PNG、GIF、SWF(FLASHファイル)です。
選択したい画像をクリックします。
フォルダのアイコンをダブルクリックすることでフォルダ内に移動できます。
②ディレクトリパスウィンドウ 現在選択されているディレクトリ内の画像を表示します。
直接値を入力できます。
ドラッグダウンすると過去に参照したディレクトリの履歴を選択できます。
③ディレクトリ選択ウィンドウ エクスプローラー形式で画像のあるディレクトリを選択します。
「一つ上のフォルダへ移動」
 ボタン
一つ上の階層のフォルダへ移動します。
画像の読み込み手順
③のディレクトリ選択ウィンドウ でフォルダを選択すると
①にフォルダ内の画像がサムネイル表示されます。
画像を選択してOKボタンをクリックしてください。


▲ページの先頭へ
 3.共通操作 色の選択
背景や文字の色を設定する場合、「色選択ダイアログ」が開きます。
色の選択
①色選択ウィンドウ
選択したい色をクリックしてください。
OSの異なるPCでも色化けする心配のない
「WebSafeカラー」で構成されています。
②選択色のプレビュー
現在の選択色がプレビューされます。
③選択色のカラーコード
現在の選択色のカラーコードが表示されます。
カラーコードを入力することで対応する色を
直接指定できます。
④色設定ボタン
「色の設定」ダイアログを開きます。
色選択ウィンドウ以外の色を設定する場合に
クリックします。
色の選択手順
①で色を選択するか、③にカラーコードを入力(入力後ENTERキーを押してください)すると
②に選択色のプレビューが表示されます。
色が選択できましたら、OKをクリックします。

①に選択したい色が無い場合は④をクリックすると
色の設定ダイアログが開きます。
■色の設定ダイアログ
色の設定
①カラーパレット
基本色もしくは作成した色を選択します。
作成した色はプロジェクト毎に16色まで保存
できます。
②色の作成ボタン
色を作成する場合にクリックします。
ダイアログ右側の拡張部分を表示します。

③ベース色選択ウィンドウ
作成する色のベースとなる色を選択します。
④明るさ(輝度)の選択
作成する色の明るさ(輝度)を選択します。
⑤色の情報
作成中の色の情報が表示されます。エディットボックスに値を入力して色を作成できます。(10進数指定)
⑥色の追加ボタン
作成した色を追加します。
色の作成手順
②の色の作成ボタンをクリックしてダイアログ右側の拡張部分を表示させます。
①の作成した色のパレット部分を一つ選択します。
③のウィンドウでベースとなる色を選択します。
④の矢印を上下させて明るさを設定します。(⑤の部分に現在の色が表示されます)
⑤の値を調整して最終的な色を決定します。
色が作成できましたら、⑥の色の追加ボタンで追加します。


▲ページの先頭へ
 4.共通操作 リンクの設定
リンク先を設定します。
リンクの設定
①リンク先URL 在設定されているリンク先のURLを表示します。
編集、コピー、貼り付けが可能です。
②確認ボタン ①で指定されたURLのページをブラウザで開きます。
③「リンクする」チェック 画像等にリンクを設定する際にチェックします。
テキストからリンクする場合はこのボタンは表示されません
④「新しいウィンドウで開く」
 チェック
リンクをクリックされた際に新しいウィンドウを開くように指定します。
⑤内部リンク参照ボタン リンク先にナミックスで作成したページを指定する場合にクリックします。


ツリーからリンクしたいページを選択して
OKボタンをクリックします。
⑥特定商取引法に基づく
 表記ボタン
[特定商取引法に基づく表記」にリンクする場合にクリックします。
⑦商品カタログボタン 商品カタログにリンクする場合にクリックします。


品カテゴリの選択ダイアログが開きますので
リンクしたいカテゴリを選択します。
⑧商品詳細ボタン 商品詳細にリンクする場合にクリックします。


商品の一覧が表示されますので、
リンクしたい商品を選択してOKボタンをクリックします。
⑨カスタムフォームボタン カスタムフォームにリンクする場合にクリックします。


カスタムフォームの選択ダイアログが表示されますので
リンクしたいフォームを選択して、OKボタンをクリックします。
⑩ファイルボタン ファイルにリンクする場合にクリックします。
ダウンロードやpdfファイルのリンク等に使用します。


登録されているファイルの一覧が表示されますので、
リンクするファイルを選択してOKボタンをクリックします。


▲ページの先頭へ
 5.共通操作 ファイル操作
ファイルを開いたり、ファイルに保存する場合の操作です。
ファイルを開く
①ファイルリスト 現在選択されているフォルダ内のファイルのリストです
⑤⑥に設定されている内容で絞り込まれます。
②ファイルの場所 現在選択されているフォルダです。
③機能アイコン フォルダの新規作成や並べ替え等を行います。
④フォルダへのショートカット 各フォルダへのショートカットです。
⑤ファイル名 現在選択されているファイルのファイル名です。
「名前を付けて保存」ダイアログの場合は保存するファイル名を入力します。
ワイルドカード等を指定してファイルを絞り込むこともできます。
⑥ファイルの種類 現在のファイルの種類です。
ドロップダウンすることでファイルの種類を選択できます。


▲ページの先頭へ
 6.共通操作 フォルダの選択
フォルダを選択します。
フォルダの選択
①ディレクトリ選択ウィンドウ
エクスプローラー形式でフォルダを選択します。
②ディレクトリパスウィンドウ
現在選択されているフォルダのパスを表示します。
③「フォルダの新規作成」ボタン
選択中のフォルダの下に新しいフォルダを作成します。

作成するフォルダの名前を入力してOKをクリックします。


▲ページの先頭へ
 7.共通操作 リストの操作
各リストにはいくつかの共通する操作があります。
「編集」ボタンがある場合 リスト上の項目をダブルクリックすることで編集ダイアログが開きます。
「削除」ボタンがある場合 リストの項目を選択した状態でDLETEキーを押すと削除できます。
「↑」ボタン
「↓」ボタンがある場合
項目をドラッグして順番を入替えることができます。
項目を複数選択できる場合 「Ctrlキー」+「A」で全ての項目を選択します。


▲ページの先頭へ